これでいいのか 子育て日和

適当な人間が初めての子育てを、心に刻むための絵日記

いかに空の上を無事に過ごすか

お久しぶりになります。

 

 

実はここ10日ほど実家に里帰りしておりました。

 

実家はネット環境の非常に悪い田舎。

そして飛行機での移動。。

 

ということでしばらくこのブログもお休み状態でしたが、

また思いつくままにダラダラと書いていきたいと思います。

 

 

 

↓ ではダラダラと飛行機体験記を

 

 

飛行機での旅行は息子が生まれてから初めてのこと。

 

いつ頃が息子にとってベストなのか、

親にとって行きやすい時期なのか…

正解はわかりませんが、私たちは

「おっぱいでごまかせる」

「おもちゃでごまかせる」

「お菓子でごまかせる」

「あまり物事に恐怖を感じてなさそう」な

今の時期(9ヵ月)が行きやすいかなと決行いたしました。

 

 

 

いかに飛行機内で大泣きせずに済むか

頭の中でシミュレーション。

 

 

一番ベストな状態は

「寝てくれること」

 

寝てくれてさえいれば、無問題。

 

 

ということで、出発当日の朝はいつもより早起きさせ、

お昼過ぎの便だったので、お昼寝も出来るだけさせない。

 

f:id:te-ge-ringo:20160928163519j:plain

息子にとっては迷惑そのものだと思いますが・・・

ごめん!許してくれ!!

色々ちょっかいをかけて起こし続けました。

 

 

この作戦、

日ごろ起床時間や昼寝の時間が決まっていた為か

こちらが思ってたよりスムーズにできました。

 

 

搭乗手続きを済ませ、搭乗口を通過してから

おむつ替え・授乳を済ませる。

飛行機は小さい子ども連れは優先搭乗ができるのですが、

その案内がだいたい出発の15~20分前。

 

 

普段は私以外、寝かしつけが上手くいった試しがないのですが、

この日はあまりにも限界だったのでしょう・・・。

息子は出発予定30分以上前から夫の腕の中で

うつらうつらといつ寝てもおかしくない状態に。

 

f:id:te-ge-ringo:20160928164501j:plain

 

でもでも!

それをおっぱいを咥えさすことで無理やり起こす

 

 

そんなこんなで、優先搭乗の案内が流れるときに

無事、息子も入眠!

なんて素晴らしいのでしょう!!

 

 

あとは

できるだけ長く息子が寝てくれるよう

静かに、動きも小さく、ただただ祈る!

 

 

★第一の難関、離陸時の重圧。

 

特に問題なくクリア!!

後ろにいた、息子より少し年上の女の子は怖かったようで

泣いちゃっていました…。

 

 

 

★第二の難関、機長の挨拶

 

f:id:te-ge-ringo:20160928170512j:plain

 

・・・起きちゃいました。

おそらく離陸して30分ほどで。泣

 

 

盲点でした。機長の挨拶。

息子の苦手な低くて大きな声。

びくっと起きて、いつもと全然違う状況にキョロキョロ

 

「泣くか?泣いてしまうか??」

そうビクビクしていましたが、

お腹もいっぱい、眠気も覚めた息子は

 

f:id:te-ge-ringo:20160928171527j:plain

ちょーご機嫌!!

 

むしろご機嫌すぎて逆にうるさい…!

 

泣くことばかり心配していましたが、

ご機嫌すぎても大声をあげるのか!汗

 

 

 

★第三の難関、長い飛行時間

息子がうまく眠れたとしても、

日ごろの息子のお昼寝時間は30~1時間ほど。

 

絶対に途中で起きることは予想していましたが、

予想外の機長の挨拶で目覚めたため、

飛行機到着予定までまだまだ1時間以上はある・・

 

1時間近く母の膝の上で大人しくしているなんてありえない!!!

 

 

とにかく出来るだけ周りに迷惑をかけずに済むよう

息子の好きなおもちゃを与えまくる。

 

f:id:te-ge-ringo:20160929134833j:plain

 

機嫌が悪くなることはないですが、ハイテンションになりすぎて

声を抑えることにはなりません。

 

 

次に取り出したのがお菓子

口に入れておけば、その間は静か 笑

 

ただ、これもあげる量にも限界があるし、もって数分。

 

 

次はいつもはすぐに取り上げている携帯

 

画面を開いてご自由にどうぞ状態に。

 

f:id:te-ge-ringo:20160929141206j:plain

ただ、「ご自由に」状態になると途端に魅力が半減するようですね…

少し触ってすぐ飽きる。

 

 

 

おっぱいを咥えさせるという方法も最終手段として考えていましたが、

出来るだけしたくない…。

だって、私にだって「恥」はあるもの…!

 

 

 

泣きはしないものの興奮気味の息子に

悪戦苦闘。

 

あぁ…やっぱり無理だ…と諦めたころに

なんと救世主が!

 

 

 

f:id:te-ge-ringo:20160929142512j:plain

後ろの座席にいたのは家族旅行に行くであろうご家族。

小学生くらいの息子さんと素敵なお父様が後ろから息子をあやしてくれました!

 

それが上手なこと上手なこと…!

息子はキラキラの表情で座席の隙間からこの親子に夢中。

 

申し訳ないなぁと思いながらも甘えさせてもらいました。

 

 降りる際にお礼を言うと

素敵な笑顔で息子に手を振ってくれ

本当にありがたかったです。

 

 

 

というかんじで、

途中のありがたい優しさのおかげもあって

なんとか無事2時間弱のフライトを乗り切ることができました。

 

最後の難関であろう、着陸時の衝撃も

息子はとくに気にした様子はなく。

 

この離陸着陸時に泣いちゃうのは

もしかしたらもう少し大きくなった頃なのかもなぁ…

 

 

 

 

子育てを経験されたお父様方…さすがだなぁと尊敬を感じたり、

息子もよく頑張ったなぁ…そして重くなったなぁと肩こりとともに成長を感じたり、

 

 

まぁ今回の飛行機体験、一言で表すなら

 

疲れたー・・・

 

 

 

帰りも飛行機なのでまた試練があったのですが、

上記の作戦でなんとか乗り越え

息子には感謝でいっぱいです。

大人の都合で迷惑かけてごめんよ~!